嫌われながらいきていく

子育て、遊び、食、手作り色々、働く母ちゃんでも無理なく健康的!スタイルフリーでストレスフリーな毎日を

映画とポップコーンとアメリカと

ある日の休憩時間、みんなでポップコーンを食べていたら同僚のおばちゃんが
「私が子供の頃の映画館にはポップコーンなんか売ってなくて、チートスとサンドウィッチ食べるのが楽しみだったのよ~」
その瞬間私は幼い頃の記憶をぐるぐる呼び戻していた。
そういえば私が子供の頃もポップコーンではなくスピンというスナックだったような気がする。。あの車輪みたいな形したあれ。
そしていつからかポップコーンが主流になっていった。
こうやって考えてみると映画館スナックにはコーン由来のものが多いのがわかる。
アメリカの映画館でポップコーンが食べられるようになった理由は

投げつけても危なくないから。
驚いた、アメリカ人てつまらない映画の時に物を投げる習慣があるそうだ。
食材を余すことなく食べきる文化がある日本人には想像もつかない回答。


しかもあれですよね、最近アメリカでは段ボールに直でぶっ混んで梱包材のクッションとしても使ってるらしいっす。
さっすが、コーン大国アメリカ!活用法を熟知してらっしゃる。


でもなんで日本の映画館でもポップコーンなんでしょ。日本にはお米で出来たポン菓子が
あるではないか。
あれも結構美味しいんですけどね~

アメリカナイズっぷりが凄まじいです、ニッポン。

アメリカ由来といえば、給食のパンや牛乳も戦後GHQ が日本に広めたと言われていますね。
そして誕生日ケーキなんかもGHQ の影響らしい?
個人的には給食に毎日牛乳出すのはやめてほしいな、そろそろ。だってご飯に合わないし。
何もかも日本らしさを奪っていったGHQ も凄いけどあっさりそれを受け入れてしまう日本の吸収力が恐ろしい。