読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌われながらいきていく

子育て、遊び、食、手作り色々、働く母ちゃんでも無理なく健康的!スタイルフリーでストレスフリーな毎日を

役員決めという茶番【子供会編】

年度末の時期はきっと母親たちは憂鬱で家事や育児どころじゃない!なんて人もいることでしょう。


先日子供会の役員決めがありました。
まず集合時間。7時からと聞いていたのでご飯の支度をしていたら、6時過ぎくらいに子供会の人から着信がありました。もしかしてと思いすぐに折り返したら
「今日子供会の会議なんですけど、こないんですか?」
私「7時からと聞いてたんですけど」
「残念6時からです」
電話を終らせ即町民館へ
部長から7時と聞いてたんだけどなぁ。
部長が間違った時間教えるなんておかしくないか?単なるミスであってほしいです。

私は無知のせいで子供会に3年間入ってきてしまいましたが、役員は正直やりたくないし、フルで仕事をしながら家事をしてそれだけでいっぱいいっぱいなのです。
子供会の役員にその事を伝えたら
役員一同一瞬唖然とした顔
こいつなにいってんだ的な顔。
たぶん周りにいた子供会の保護者たちも同じリアクションだったと思われます。
そしてその役員の中では弁が立つであろう方が反論してきました。
「それはみんな一緒。みんな嫌でも子供のためにと思ってやってるんですよ」
そもそも子供会自体は任意団体のはずです。
役員が嫌々やってる会ってどうなの、続けていく価値あるのっておもうんです。
私が伝えたことはこんな感じ。

・嫌々何かをやることはしたくない。

・任意なのだから退会するかしないかは自由

・役員をやるのは子供会を続けていきたい人がやればいい

・共働きと核家族ばかりな今の時代に合っていない

・母親がストレスになれば子供のためにはならない

・入ってる以上は何もやらないとは言わない。ただし、出来ないことをやるとも言わない。

大体の流れはこんな感じです。
周りにいた役員含め保護者たちは頭おかしいわがままな母親が現れた!とでも思ったでしょう。
まぁそう思われても仕方ないのかなとも思います。今まで言われた通りに流されてやらざるを得ないと、仕方なく引き受ける母親たちしかいなかったのですから。


長くなりそうなのでその2に続きます。