嫌われながらいきていく

子育て、遊び、食、手作り色々、働く母ちゃんでも無理なく健康的!スタイルフリーでストレスフリーな毎日を

てんさい糖をいちから作る

甜菜とは、ビートとも言われるアカザ科の植物、ほうれん草の遠い親戚みたいなもんで、肥大した根っこを加工して甘味料が作れるのです。見た目は大根に近いので砂糖大根なんて呼ばれてたり。
甜菜糖はスーパーでも売られてるし、食に敏感な人は使ってる人多いと思いますた。


私も子供が生まれて食に目覚めたときに良さを知りました。体を冷やしにくい甘味料なので今では冬は甜菜糖を使うことにしています。
まる~い優しい甘味で砂糖疲れを起こしません。
砂糖疲れというのは、私が言ってるだけなのであれですが、白砂糖など甘味の強い物を食べたあとの倦怠感みたいな状態のあれです。
何も考えずに食べていたあの頃は何も感じていなかったのに、砂糖を変えてからたまに甘味のキツいものを食べると砂糖疲れを起こしてました。
厳格に気を付けてる人なんかは甜菜糖だろうとミネラルが含まれた砂糖だろうと、摂らない方がいいとも言われてますが、白砂糖はなんか気になる。甘すぎる。代わりになるもの何か無いかしらなんて思っている人にはおすすめの甘味料です。




砂糖の善し悪しはとりあえず置いといて。。
今年は私の夢のひとつ、甜菜糖を作ってみる!がちょっとした会話から実現してしまったのです。
本当にやりたいことは言ってみるものだなぁと思う出来事でした。
今までネットで種を探しまくってもなかなか見付からなく、北海道に行くしかないのか。。
と諦めていたのですが、
もらってしまいました。甜菜!
春に種を貰って栽培していたのですが、やはり気候が合わないのか、実力不足なのか、ゲンコツ程の大きさにしかなりませんでした。
しかし、更なるラッキーでプロが栽培した甜菜を頂く事が出来たのです。
大きさは私の顔面より一回り大きいんじゃない位のサイズ。
画像が無くて残念なのですが、見た目はボコボコのゴツゴツ。
こいつがそんなに甘いのか、うまいのか。
半信半疑で生で試食してみたら、確かにしっかりとした甘味がある。
早速加工に取りかかる。


まずは鍋に水を入れお湯を70度位にするところから始まる。甜菜がしっかり浸かる位あれば、水の量は適当。甜菜をダイス状に切りお湯にしっかり浸ける。鍋には蓋を。
そしてしばらく放置。1時間に一回程温度を見に行き、冷たくなってるようだったらまた70*度くらいになるまで日にかける。
これを3回ほど繰り返し、朝まで放置。
ザルにあけて汁のみを加熱。とろみがつくまでじっくり加熱。
大体メープルシロップくらいのとろみになったところでやめてみたら、出来た量は大さじ2杯程度でした笑
ネットからの僅かな情報と、自己流でなんとか甜菜シロップ完成!やった!できた!
あんなに大きな甜菜から出来た量は想像以上に少なかったけど、甘味料の貴重さを全身に刻むことが出来たのは、かなりの収穫になりました!
1キロ百円ちょっとで売られてる砂糖の怖さと不信感が助長され、さらに考えるいいきっかけになりました。
もし、甜菜が手に入ったら試してみてください笑

【映画】フィルス見ました

2.5回目のフィルス見ました。
アーヴィンウェルシュの原作を映像化したジョン.s.ベアード監督という人の作品です。
他の作品も観てみたいと思わされました。

ビジュアルもセリフも突飛な音楽使いも結構好きですね。
フィルス=クズ
初っぱなのしょうもないクズっぷりから、どんどん加速していく様には、気付いたらかなり引き込まれていたし、主人公のブルースを演じるジェームスマカヴォイの演技がやはりいい!
女性に暴言吐くところをスペルでずらずらと喋りだすシーンなんかは最低を極めてると思いました。
ほんっとに、やること口に出すことほとんどがクズな主人公ですが、守らなくてはいけないものはちゃんと守れる部分とかはホッとスポットでした。
それなのに一番大切な人を傷付けてしまうもどかしさ。。
ここまででなくとも、悪態をついてしまう人は割りと嫌われる事が多いと思いますが、本当に簡単に嫌ってしまっていいものなのかと思いました。


一番の見せどころ(らしい)のサナダ虫を表現してるシーンはちょうどいい気味悪さで結構好きですね。ハリポタのスラグホーン先生やってた人がいい仕事してるのです。




結構ダークな話だけど笑わせてくれるし、切ない場面もあったりして、観賞後ドヨーンとすることなく適度に掻き回された感じがちょうどよかったです。
人種差別発言多数ありで不愉快になる人もいるかもですが、私は嫌味を感じなかったかな。

あと、スコットランドが舞台になっているのだけど、街並みが落ち着いていて、適度に荒んだ感じもあり一度行ってみたいなぁと思いました。
スコットランドの人の目って凄く素敵だなぁ好きだなぁと改めて感じました。


こんなに心揺さぶられる映画で後味悪くないのは初めて!
また見たくなる映画だと思います。

ハッカ油で作るリフレッシュスプレー

今週は梅雨らしさを発揮してくれたおかげで、微妙な天気が続いてますね。
そして週末は猛暑になる予報らしいです。


そんな暑い日に気分をリフレッシュしてくれて涼しくなれるスプレーが欲しい!
ドラッグストアに売ってる物の成分表を見てみると、余計な物を省けば作れそう!
早速作ってみました。


*リフレッシュスプレー約100ml分*

精製水 90ml
エタノール 10ml
ハッカ油 5~10滴
レモングラス精油 5滴

この材料を上から順に計量カップ等に入れてぐるぐる混ぜてスプレー容器に入れて出来上がり!
水は水道水でも平気ですが、傷みやすくなるので精製水がいいと思います。ドラッグストアで200円しないかと。
エタノールは防腐剤の役目。
精油はお好みでいいけど、ハッカ油かミントの精油は絶対入れてくださいね!
スースー感が大事なので!
おすすめはやはり北見名産のハッカ油です。
私はゼラニウムも入れたりします。
ちなみにレモングラスは消臭と蚊除けを期待していれています。


暑いとき服の上からシュッとするだけで、凄い涼しくなれちゃいますよ~
精油の香りでリラックスも。
作ってみてくだされ!

太陽に晒し続けた肌の将来は?

ここのところ何日か暑い日が続いていますが、暑いと紫外線の肌への影響が気になりますよね。
私の仕事は農業関係なのでほぼ太陽の下で働いています。
1日約8時間、紫外線を浴び続けていると言っても過言ではないです。
キャンプや海や川遊び、子供の運動会だって日焼け止めフリーなので後々真っ赤になり少し後悔するという繰り返し。。
そんな環境で日焼け止めもファンデも無しというと驚かれ
「年取ったらシミだらけになっちゃうよー」
と脅され続けるのです。
確かにおばちゃん達の肌はシミがちらほら。
でもちょっと待てよ、そのなかでもスッピン派おばちゃん二人は目立つシミもなく、ファンデを塗りたくってる人たちに比べてツルツル度合いも高いのです。
きっと特別ケアしてるタイプの人でもないと思うので、原因はファンデにあると私は睨んでいるのです。
確かに日焼けしすぎると肌は荒れますがホントにそのデッカイシミは紫外線のせいなのか?
それに顔に大きいシミが出来てるのって女の人が多いですよね。
同じような環境にいる男性たちの顔に目立つようなシミがある人って私の周りにはいないんですよね。


太陽にさらされ続けて間もなく5年が経とうとしていますが、私の肌は目立つシミも無く、5年前よりも肌の調子はむしろ良くなっている気がするのです。
そんなに紫外線が悪だというのなら、今頃シミだらけでもおかしくないはずなのです。

何故未だシミがないのか、それは持って産まれた肌質なのかもしれないし、年齢がまだ30手前だからかもしれない。
タマヌオイルが頑張ってくれてるのかもしれないし、手作り化粧水のおかげかもしれません。
でも、一番の理由がもしファンデを塗っていないからだったら。。


私は壮大な実験を自分の体で行っているのです。とりあえずは40までに肌の衰えやシミなどがどれくらい出来ているかで判断していきたいと思っています。
おばちゃん達の忠告通りシミだらけでになるのか、つるピカ肌を維持できるのか楽しみで仕方ないです。
まぁ私は後者だったらいいなぁ位で、老いを隠しもしたくないし、受け入れて生きていきたいです。
過度なアンチエイジングはホントに馬鹿馬鹿しいし、頑張って色々なものを費やしたって結果はたかが知れてると思います。
そりゃあ綺麗でいたい女の気持ちはよくわかります。
でも無理なんですよ。個人差はあれど、歳は取るし人は老いていくものなのです。
それが自然の摂理ってもんです。


まずは大手の化粧品会社などのプロパガンダ的な絶対悪を仕立てあげるやり方に疑問を持ってみると色々と見えてくるかもしれません。

雑草を邪魔だという発想

私はジブリの庭が好きだ。
ジブリの庭というのはジブリ映画に出てきそうな庭の事で、草に囲まれ虫や動物が跳ね回っている姿を見ると、単純に嬉しくなる。
春になりペンペン草やどくだみ、何でもいいから新しい息吹を見つけ出す事が趣味とも言える。
間違っても大量の雑草を見たからってネガティブな感情を抱くことはない。
でも世の中には私みたいな人ばかりではないみたいで

雑草=邪魔なもの
という人が結構いて、中には畑や庭に生えた雑草を見て汚いと表現する人もいる。
確かに畑をやっている人には草は天敵みたいなもので、雑草を嫌がる気持ちも少しはわかる。
邪魔だと思われがちな雑草にも様々な活用の仕方があって、これらを簡単に除草剤でやっつけるようなことはもったいない行為だと思う。


例えばどくだみなんかはお茶として飲むと体にいいのは知られていると思うが、アルコールに浸けてチンキにすると虫刺されなどに効果があるのだ。
畑の天敵スベリヒユは食べてもいいし薬としても使えるらしいし、根っこの張り方が尋常ではないスギナなんかもお茶にしたりチンキにしたり、薬草として効果がある。
上に挙げた以外でも食用、薬用として使える雑草はいくらでもあって、そこら辺に食材や薬の原料がわさわさと勝手に増えてくれるというのだから、有難い以外の何モノでもない。


ここでは伝えやすく「雑草」と書いてしまったが、そんな風に呼んでしまうのは申し訳ない、
本当は一つ一つ名前で呼びたいと思っている。
多種多様な草たち。色々試しに食べたり塗ったりしてみるのも面白いかもしれない。
もちろん毒性のあるものもあるから、気を付けなくてはいけない。
どこかで、白い液体が出るものは食べれる草で黄色っぽい液体が出るのは毒があると聞いた。
本当かどうかは定かではないので、何でもかんでも食べるのはおすすめしない。


それでもやっぱりただで無限に生えてくる雑草を邪魔物扱いするのではなく、活用していく方向で思考を働かせたいものだ。

家庭の味のフランチャイズ化

タイトルを考えた私でもこの言葉でしっくりくるのかはわかりません。
家庭料理が市販の○○風、みたいな調味料に汚染され、どこの家でも同じような味を食べられる。という意味でフランチャイズにしてみました。
そんな補足は置いておいて。


周りの主婦の話を聞いてると、食生活乱れてるなぁと思ってしまいます。
まぁ他人の家の食生活はどうでもいいんですけどね。でもやっぱり、他人でも小さい子供の体は心配になってしまいます。

お弁当は冷食、ドレッシングや諸々のソースを作るなんてこともしない。
うちもトンカツソースはさすがに買いますけどね。
おにぎりには化学調味料を入れないと美味しくないなんて言っちゃう始末。
やばいよ日本人!
キャラ弁とかもそろそろ終わりにした方がいいと思うし、アメリカの子供たちのランチにドン引きしてる割には日本もかなり添加物まみれ。
色の付いたご飯でキャラクターどーーん!なお弁当で食欲なんて湧かないよ。
だって大抵ご飯で土台作ってチーズと海苔で目玉作ってさぁ。

結構前に職場でおばちゃんが鶏肉を焼いてケチャップを和えたという料理を、新しいレシピ発掘!みたいに話してて驚いちゃいましたね。
思わず「不味くはないでしょうけどねー」とすっとぼけて呟いてしまったけど、本心を言っただけなのに、周りは凍りついてました。
私の中の勝手なこだわりですが、マヨネーズとケチャップを使ったものは偉そうに作ったなんて恥ずかしくて絶対言いたくないんです。
それを堂々と発表されちゃったので反射的にいっちゃいましたよね、なんのためらいもなく。

私の当たり前がみんなの当たり前!な訳は無いのですが、ここまで感覚ズレてると本心を発信しづらくなります。
まぁだからブログで憂さ晴らしなんですけどね。


添加物も危ないけど、それよりも本当に危険なのは、各家庭の味が無くなること。
具材さえあればあとこれを入れるだけ~なんて物もたくさんあって便利だからついって思っちゃうこともたまにはあってもいいかもしれない。
それでもやっぱり、お母さんの味、その家でしか食べられない味を大切にしたいです。
そんな当たり前が着実に壊されていってるような気がしています。

子供の誕生日って辛い

可愛い我が子の誕生日。産まれてきた小さな宇宙人を抱く瞬間を思い出す大切な日でもあります。
子供の喜ぶ顔が見たい一心で張り切っちゃうお母さん多いと思います。
私もその一人ですが、可愛いがゆえにこだわり過ぎて疲れてしまうときもあります。


誕生日の張り切りポイントと言えば、プレゼント、ケーキ、部屋のデコレーションでしょうか。
私は部屋のデコレーションまではしないのですが、子供の誕生日ケーキは手作りで!という家族からしたら迷惑なこだわりはあります。でもまぁこれは私からしたら趣味でやってる事なんでそんなに辛くはないです。


何より苦痛なこと、それはプレゼント選びです。
プレゼント選びなんて子供が欲しがってる物をサクッとポチで簡単じゃない!と思う人もいるかもですが、私の場合まず何をあげるかを考えます。


うちはゲームやおもちゃを買い与えることは
しないので、大体子供のリクエストは通りません。
じゃあ何をあげるのかと言うと、実用的なもの、大人になっても使えるもの、想像力が身に付きそうなもの、家に置いても目障りにならないもの。


この条件がいくつか当てはまるものをあげることにしています。
クリスマスなんかもそうですねぇ。
サンタ宛に欲しい物を手紙に書いてる姿を見たりするとちょっぴり申し訳ない気持ちになったりもします。
大体のプレゼントは喜んでいますが、包みを開けたら箸だったときは子供が何とも言えない微妙な顔をしたのは忘れられません。


色々考えて悩んだ結果、箸だったのです。
その時に必要なものが箸だったのです。
さすがにあの顔を見たときはごめんねと言いそうになりましたけど。

今月は長女の誕生日。まさに今悩んでる真っ最中。
娘はチェキが欲しいなんて言っていますが無いですね。
写真が部屋に散らばってるのがすぐ想像出来ました。やっぱり絶対やだ!



ホントに余計な習慣を作ってくれたなぁと思います。これも欧米由来?
誕生日プレゼントって何歳まであげる物なんでしょうね。
もうそろそろネタ切れです。
子供がいる知り合いと話すと皆、子供が欲しがる物をあげてるみたいで、なかなかこの悩みを分かってくれる人がいないので、ここで書いてみました。



共感プリーズ!